スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

若者の意見

先日ロハスナンの取材で熊谷駅近くで
ロケットシップという帽子を中心にし
た小売りのショップを経営している梅
澤さん兄弟、そしてミュージシャンの
谷介さん、力山さんとお話する機会が
あった。
彼等は、日曜の朝駅近辺を、自発的に
ごみ拾いしているという。
熊谷はきたなくて暑い街!!
夜の街イコールピンク街だ!!
新幹線止まるし大きな街ということで
お店を開業したので、せめて自分でや
れることで、あきらめず続けたい。
.......昼間は、全然人が歩いていないのに
夜になると飲み屋さんめがけて人がくり
だす。酔っ払った人がタバコの吸い殻を
ポイする。

うー〜ん。そういうように見てるんだ。
自身は、女性で週末夜駅近辺をあまり
ウロウロしたことがなかったので、あまり
感じたことがなかった。早速、土曜の夜
車で走ってみたところ、確かに……凄い…
駅西商店街自慢のウエイブ路側帯は車で
埋め尽くされポン引きと云うのかよくわか
らないが、男の人が店の入り口で若者に
声をかけている風景があちらこちらに。

これは夜未成年の子どもを一人で歩かせら
れない。塾等に駅を使い出せないですね。
もっとも、駅近辺にピンク街が集中してい
て回りに、塾や普通の料理店がある構図に
なっているので、みんな車で送迎している
みたいですが。

彼等は、自身の小さな頃の熊谷は色々なお店
があり、よく買い物にきた思い出があると話
していた。確かに……何だかずっと熊谷にい
たのにこの状況を問題視していなかった。

ロハスナンに、「格好よすぎるゴミひろい」と
いうタイトルで彼等を取り上げる。若い感覚を
是非行政に、声を届けたいなあと思ってしまった。

ph-IMG_8874.jpg
左から谷介さん(シンガーソングライター)熊谷次郎直実の子孫とか…
真ん中2人 梅澤兄弟(ロケットシップの経営者)
右、力山さん(シンガーソングライター)

ph-IMG_8807.jpg
ズラッと並ぶ帽子

ph-IMG_8846.jpg
帽子の試着(私)


スポンサーサイト
2013-05-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

植竹知子

Author:植竹知子
19??年7月25日生まれ、埼玉県行田市、中小企業の製造業の家で生まれ育つ。20才の時、父の病気をきっかけに家業を手伝い、経営のイロハを学び起業を決断。アメリカのプリントショップを日本でそして地元地方で実現させた。支店展開を何回も繰返し、40才で子宝に恵まれ出産。営業のジャンルを子育て情報誌や高齢者向け情報誌に置き換え、地域に根ざす様になる。
現在は、地域において子育て応援イベントやコンサート等のプロモーションも手がけつつ、不況業種と認定されてしまった印刷業、出版業の中で、只言われたとおりものを作るだけでなく、効果対経費が見合うかどうかから、アイディア、企画、提案、イベントプロモーション等、集客、営業、広告、販促まで幅広い支援で、業務を意欲的に展開中。
24時間会話をしても伝わらない事を、たった1枚の紙が、全てを伝えてしまうことができるという創業当時のモットーを守りつつ「思いを伝え、思いを力にする」情報伝達屋として日々奔走中です。

カウンター

カテゴリ

はじめまして

ピーアイピーの植竹知子です。
2010年4月、快い鳥のさえずり、今日はこの花が咲いたと目をみはり、シャツ一枚でも心地よい風を感じることができる今日この頃、このニュースレター開設ができることになりました。
私は、プロフィールにも書きましたが、地方の情報伝達を職業とする女性中小企業の経営者でして、常に私共でできること、私のできることで、社会にクライアント様に、お役に立てることはないか考えている者の一人でございます。
業界歴27年のプロとして、経営者として、お役立ち情報を発信できればと思いましてこのニュースレターを配信させていただきます。
ご意見、ご質問、ご感想何でも返送下さい。お待ちしております。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

10月の時候の挨拶

秋冷の候、秋涼の候
紅葉の候、仲秋の候
中秋の候、清秋の候
さわやかな秋となりました

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。