スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

3.11より景気低迷。熊谷からマンパワーを!!

無惨な大地震・津波・原子力発電所の修復問題から、
統一地方選挙がめまぐるしく過ぎ、
その間3月末の決算月もあり、予測はしていたものの、
4月に入り、景気低迷ですネ。
3月末の売掛金の入金状況の悪さ、
イベント等の中止による自粛ムード続き。
被害のないこの地域から経済を活性化させ、
被災地を陰で支えなければならないはずなのに、
どういうこっちゃ。
仕事は作りだしていかなければならないと、
思考錯誤、考えを具現化している途中です。
さて、その中で地元熊谷うちわ祭りは、
何とか、実施する方向らしい。
昨年年末秩父の夜祭りに行った時、
熊谷のうちわ祭りとの大きな違いをいくつか発見した。

①秩父は1日のみだが熊谷は3日間ということ
②秩父は観光客が多く、
 大型バスまで遠くから団体で見に来ている
③必ずといっていい程、訪れた方が、
 秩父の銘産品をお土産等にして買って買える。

以上の点である。
そういえば熊谷のうちわ祭りは、
おみやげを買って帰るという風習がまるでない。
それもそのはず。
駅には五家寶位はおみやげコーナーがありますが、
街中に物産店屋さんがない為、
名物五家寶も名店を知っている人は別として
どこで売っているのか解らないはずです。

コミュニティひろばに仮設テントでもつくって、
地域の特産品、銘品を売ったらどうだろう、
早速、又は雪くまやホルどんを売ったらどうだろう。
早速、商工会議所に電話したが、
前年まで、市商連がやっていたが、
ここ2年位やっていないらしい、
そしてそういうお話は大総代にして欲しいとの事。
なぜかというと、テキヤさんとのトラブルをさける為という。
なんかガックリですが、
以前からまちの駅くまがやをこの場所に作って、
中心市街地の活性化を図ったらどうかと考えている私ですが、
何とか成功に向けて、
大総代にかけ合ってみようかと考えている。
応援して頂ける方、メール下さ~い!

まちなかプラン



スポンサーサイト
2011-04-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

無事に本を届けたとの連絡がはいりましたのでご報告します

イートス株式会社の方から
無事に本を届けたとの連絡がはいりましたので、
お知らせ致します。

※以下の文面はメールより転載したものです↓

お世話になっております。イートスです。
先ほどお電話致しましたが、
無事に東松島市図書館へ物資を届けてまいりました。


東松島市では学校も再開しておりますが、
沿岸部小学校は殆ど、本が水にぬれて
しまったり流されてしまったりと、
大変困っていたところ絵本を寄贈していただ
いた皆様、HSJスタッフの皆様に大変感謝しておられました。

「一つ一つの箱に年齢が書いて振り分けてあり、大変ありがたい」
とのことでした!!

これから引き続き、教育委員会様と連絡を取り合い、
まだ不足しているものはな
いか、聞いてみます。ありがとうございました。



今回、本を持ち込む図書館のHPです。
被害状況がアップされています。
http://library.city.higashimatsushima.miyagi.jp/docshp/



ph-book.jpg
本をお届けした際の写真
2011-04-06 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

埼玉・熊谷の子育てママ達の思いを 一冊づつに込めて、被災地の子ども達へ

4月4日PM5:00 木島陸運さんのトラックがやってきた。
「0~3歳」、「3歳~6歳」、と品名を書き入れた表示紙を
貼りつけたダンボール20ケースの本、1,500冊位とスケッチブック、
クレパス、しゃぼん玉各200の計20ケースが、
今日ピーアイピーから出ました。
木島陸運の商工会議所会頭さん自ら電話をくれ
ドライバーが引き取っていってくれた。

明日、仙台のイートス(株)さんに着く予定です。
その後、各被災された地域の図書館へ届けられるそうだ。

小っちゃなベイビーはママに読んでもらってネ
字が読める子は何回も何冊も読むんだヨ
木島陸運様ありがとうございます。


新聞01
埼玉新聞 4月5日 記事掲載

ph-新聞記事01

2011-04-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

植竹知子

Author:植竹知子
19??年7月25日生まれ、埼玉県行田市、中小企業の製造業の家で生まれ育つ。20才の時、父の病気をきっかけに家業を手伝い、経営のイロハを学び起業を決断。アメリカのプリントショップを日本でそして地元地方で実現させた。支店展開を何回も繰返し、40才で子宝に恵まれ出産。営業のジャンルを子育て情報誌や高齢者向け情報誌に置き換え、地域に根ざす様になる。
現在は、地域において子育て応援イベントやコンサート等のプロモーションも手がけつつ、不況業種と認定されてしまった印刷業、出版業の中で、只言われたとおりものを作るだけでなく、効果対経費が見合うかどうかから、アイディア、企画、提案、イベントプロモーション等、集客、営業、広告、販促まで幅広い支援で、業務を意欲的に展開中。
24時間会話をしても伝わらない事を、たった1枚の紙が、全てを伝えてしまうことができるという創業当時のモットーを守りつつ「思いを伝え、思いを力にする」情報伝達屋として日々奔走中です。

カウンター

カテゴリ

はじめまして

ピーアイピーの植竹知子です。
2010年4月、快い鳥のさえずり、今日はこの花が咲いたと目をみはり、シャツ一枚でも心地よい風を感じることができる今日この頃、このニュースレター開設ができることになりました。
私は、プロフィールにも書きましたが、地方の情報伝達を職業とする女性中小企業の経営者でして、常に私共でできること、私のできることで、社会にクライアント様に、お役に立てることはないか考えている者の一人でございます。
業界歴27年のプロとして、経営者として、お役立ち情報を発信できればと思いましてこのニュースレターを配信させていただきます。
ご意見、ご質問、ご感想何でも返送下さい。お待ちしております。

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10月の時候の挨拶

秋冷の候、秋涼の候
紅葉の候、仲秋の候
中秋の候、清秋の候
さわやかな秋となりました

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。