スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

初心者のための自転車安全教室

自転車に乗れない子ども・大人を
対象にした自転車教室です。

●開催日時:4月16日(土)
9:30~15:00 ※雨天開催

●開催場所:熊谷スポーツ文化公園 彩の国くまがやドーム内
(住所:埼玉県熊谷市上川上300)
●参加費:300円 ※当日受付にてお預かりいたします。
●定員:30名(定員に達し次第締切)
●参加資格:年齢5歳以上の健康な方で、
身長100cm以上の方。(主催者側で自転車を用意します)
※5歳未満で身長100㎝以上ある方で、
参加を希望される場合は、下記事務局まで直接ご相談下さい。
主催者判断により、参加をお受けする場合もあります。
●持ち物:ヘルメット
(必ずご持参ください。お持ちでない場合は、
申込時にヘルメット貸出の申込をしてください)
●服装:動きやすい格好(ケガ防止のため、長袖・長ズボンが好ましいです)
●申込後の流れ:申込手続き完了後、当日の詳細をご案内いたします。
●当日の流れ:9時30分集合
       10時~12時 教室
       12時~13時 昼休み
       13時~15時 教室・修了式

■申込方法:
お申込みは、電話・FAX・メールのいずれかで承っております。
(申込先)
・電話:03-6459-0011(平日のみ 10時~18時)
・FAX:03-6459-0012
・メール:info@roots-sports.jp

■申込記入必要事項
1.熊谷スポーツ文化公園 自転車教室申込
2.参加者の名前・フリガナ
3.参加者の年齢・性別
4.参加者の身長
5.保護者名(18未満の場合)
6.郵便番号・住所
7.メールアドレス
8.緊急連絡先
※ヘルメット貸出希望の方は、
その旨お申込み時にお伝えください。
※FAX・メールでお申込みいただく場合は、
全ての項目漏れなくご記入お願いいたします。

■事務局連絡先
初心者のための自転車安全教室事務局
(?ルーツ・スポーツ・ジャパン内) 
電話03-6459-0011(平日のみ10時~18時)

ph-自転車01

ph-自転車02





スポンサーサイト
2011-03-31 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

暮らし体験館鴻巣 特別企画 人気パティシエYukieの米粉の苺ロールケーキお料理体験ご招待

「暮らし体験館鴻巣」の特別企画!
人気パティシエYukieさんによる特別料理体験イベントを
開催いたします。ご参加は無料!
ぜひ、最新のガス機器の体験と併せ、
「米粉の苺ロールケーキ」
作りをお楽しみください。

●開催日時:4月13日(水)・20日(水)・27日(水)
①第一部 10:00~12:00
②第二部 14:00~16:00

●開催場所:鴻巣市氷川町20-1 暮らし体験館鴻巣
●参加費用:無料 ※当日、エプロンをご持参ください
●募集人数:限定2組/回 ※詳しくはお問い合わせください。

●お問い合わせ・お申し込みは、
TEL 048-522-1025 東京ガス(株)熊谷支社
※応募者多数の場合は、先着順となります。予めご了承ください。
※計画停電の場合は、中止となります。詳しくはお問合せください。

ph-yukieチラシ01


2011-03-31 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

被災地の子どもに本を贈ろう!

3月27日号のたうんにゅうすや
地域SNS等で被災地の子どもに
メッセージを添えた本を贈ろう!と募集したところ

いや~!集まる集まる3日間で100人位、
まだ、数えていませんが、
ピーアイピー店頭1/3がうまる程。
これでは普通の宅急便では送れないなと判断し、
思いきって熊谷商工会議所 木島会頭に相談の電話をしてみた。
確か木島陸運という運送会社の経営者だったハズだ。
内容を話すと、一口返事で
「いいだろう!トラック協会で請負う…」だって…すごいヨネ。
思いは皆一緒だ。被災地の方のお役に立ちたい…
助け合いながら、東北被災地の方々の負担を
少しでも軽減させたい。
特に子ども達には、
少しでも明るい気持ちになってほしい。
子育てネットくまがやの方々や、
ホップ・ステップ・ジャンプのOG他
みんなの熱~い想いは、
きっと未来を担う子どもの為に役に立つと思います。

1冊づつの本にメッセージを添えて!!
何十冊もババ~っと持って来きて頂いたものに
ついては、スタッフが一冊づつコメントを
書くことになりました。

参加費100円だよ!

ph-被災地の子どもに本を送ろう



2011-03-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

熊谷からマンパワーを!!子育てママさん元気アップ!!

昨日300人のみなさんでくまぴよ隊の
コンサート楽しみました。


3月22日やりたい!やる?
いいですか?どうしよう!
オーケイ!こんなやり取りの末決定。
たうんにゅーす3月27日号に掲載する
には、22日5時が最終タイムリミット
だったのです。

ホテルヘリテイジに福島県のいわき市から
避難滞在している方々を励まし被災地へ
義援金として贈るというチャリテイコン
サートでした。会場はホテルへリテイジ
オーロラホール。オーナーに了解をとり
主力協力団体のNPO子育てネットくまがや
の大崎さんと電話にてのやりとりだけの
決定でした。くまぴよ隊の笠松さんとは
団員を1人でも多く集めてがんばって演奏
をします!!とのメールと1回の電話だけ。
集客ができるんだろうか?不安だらけの
開催。日がない中での開催のためバタバタ
状態。保険は?えい!!や!!なんでも
いいや!!気持ちのある人だけでの開催
でいいでわないか。

そして当日。10時会場に行ってみると
もうリハーサルをやっていてスタッフ
のみんなもいきいき動いている状態。

別企画で被災地の子ども達に本をおくろう
という受付も盛況でした。

そして、当日130352円それにヘリテイジ
から25000円集まり300人くらいの方々
で賑いました。

被災地の方々のお役に立てることが少し
でもできたかな・・・

スタッフのみなさん、会場にお集まりい
ただいたみなさん、お疲れ様でした.

IMG_9759.jpg

IMG_9787.jpg

IMG_9839.jpg

IMG_9872-大







2011-03-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ママさんブラスバンドくまぴよ隊 東北関東大震災チャリティーコンサート

ホテルヘリテイジに、
福島県いわき市より避難の180人(内10才以下の子ども約30人)の
皆さまに楽しんで頂きたく、チャリティーコンサートを開催します。
一般の皆さまにも共に励まし、そして楽しんで頂きたくご案内します。
会場では立正大学社会福祉学部ボランティア活動推進センターの協力で
義援金の募金を受付けます。

●開催日時:3月27日(日)AM11:00~12:00
●開催場所:ホテルヘリテイジ
●入場:義援金をお願いします

●お問い合わせ・お申し込みは、
おふくちゃんの会
ホテルヘリテイジ
熊谷市小江川228 TEL 090-3211-6225

ph-news01kumapiyo.jpg

2011-03-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

被災地の子ども達に本を送ろう!!

避難先の限られた空間の中で過ごす子どもたちにとって、
読み聞かせはとても有効な心のケアになると
小児科医の方がコメントされていました。
今は救援物資は生活必需品がメインで集められています。
優先順位でいったら仕方ない事です…
だからこそ私たちの支援する視線を子どもたちに向けてあげたいと考えます。
誰にも悲しみや挫折、悩みはあります。
そんなとき慰めてくれた本、励ましてくれた本、
支えとなった本…思い出の本…ずっと手元においておきたい本…
そんな特別な本、絵本があるはずです。
そんな本…特に絵本や児童書にメッセージを添えて送ってもらい、
集めたものを被災地の子どもたちに送りたいと考えます。

お家で眠っている未就学児までの子どもを
対象とした本をお持ち下さい。

・メール便等で宅配郵送・お持ち込み

あなたのメッセージを1枚の紙に添えて
本にはさんで下さい!

取り急ぎ300冊集まり次第、被災地の子育て支援の場所に責任をもってお届け致します。

●お問い合わせ先
子育て情報誌 ホップステップジャンプ 編集スタッフ
熊谷市筑波1-157-2 
☎048-524-1463

ph-news01book.jpg

2011-03-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

子どもレシピ集 2012春発行

皆さまからのレシピ募集 !!
赤ちゃんが生まれて、
母乳・粉ミルク、飲んだ、飲まないって心配した後に待っているのは、
かわいい乳歯が1本2本生えてきて、離乳食が始まります。
子育て情報誌などを見ながら頑張ってかわいい我が子の為に
すりおろしリンゴやらおかゆを作りだします。
そして、幼稚園、保育園に入学すると、お弁当づくりが待ち受けています。
その間、食が細くてどうしよう?とか、好き嫌いが多くて困るの、
なんていう食についての心配や疑問点ってつきませんネ。
そんな子育て中の方にお役に立てる様な子どもレシピ集を2012年春に発行します。
ホップステップジャンプ読者の皆さんが、
普段つくっているレシピをぜひお寄せ下さい。
おハガキ、FAX、メールでどうぞ ! !

・写真 ・ジャンル
・タイトル ・材料1人分
・作り方 ・ポイント
・氏名・住所・Tel
採用の際には冊子を進呈します!

お申し込みは
?ピーアイピー「子どもレシピ集」宛
熊谷市筑波1-157-2 TEL 048-524-1463
FAX 048-526-1463 E-mail : p@pip-net.co.jp
詳細は→http://www.pip-net.co.jp/

ph-news01resipi.jpg

2011-03-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

埼玉・熊谷からマンパワーを!!

3月11日あの大惨事から1週間が経った。
目を覆うあの光景となり、たくさんの
人の尊い命が奪われ、いまだ安否不明
の方々があり、被災された方々への、
救援も行き届かない状況のようだ。
そして、それこそ津波のように、福島
原子力発電所の放射能漏れ。地震は、
古い昔からあった現象で、現代の建築
技法は、耐震に優れ倒壊はかなり免れる
のではないか。その後余震の影響なのか
何度も3や4の地震が続くので、慣れて
しまったのか、肝が据わったのか、大き
な穴があきそこに自分が落ちてしまうな
んてことはありえないし,身の安全を守り
避難すればそれで良しという覚悟ができ
たのではないか。しかし、地震で破損した
といえ原子力発電所の高濃度放射能漏れ
これはどうなってしまうのか?
私は真剣に今思っています。
未来のある子どもにだけは1シーベルト??
も影響を与えないで欲しい!!
大人はそれを守る義務がある。そうしな
ければ日本の未来がないのではと・・・・
ニュースでは大した量ではないと報じてい
るが、身体にいいはずがないことは当然な
わけで、どうしてもっとこどもへの配慮を
しないのか不思議でならない。
平気で乳母車をおすママを今日も道路で
見ました。なんの防御もしていませんでした.
子育て中の方々は十分配慮をお願いします。

それから、埼玉県熊谷地域は海も山もなく
本当に安心な地域で今回の地震でも災害が
ほとんどない所です。いまこそ、マンパワー
を発揮して元気を発信すべきと思います。
ひとりひとりが情緒心・他人の不幸を共に
悲しみ、野に咲く花を美しいと思う気持を
高め自ら協力しあいましょう。
地域では、数日前より立正大学のボランテイ
アの生徒たちやnpoくまがやの呼びかけで
熊谷駅で義援金の活動や、自発的に音楽で
寄付行為をする若者もいます。

私のところで発行をしていますタウンニュース
でもトップ面は今回の地域からマンパワーの
情報にしました。

いまは、福島第一原発の無事を手をあわせ
祈るしかない。
2011-03-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東北地方太平洋沖地震

まるで映画の1シーンを見ているようだ。
津波の恐ろしい被害。なんだ、これ・・・
私は、その時熊谷市筑波町の会社にいました。
揺れましたよね。あの感じのさらに凄い揺れ
の後津波がきたのだろう。
被災地の皆様のことを思うと胸がいっぱいに
なります。
いつか、大きな地震がくるとなんとなく感じ
ていたが今かという思いです。
私は、専門家でもないし、学者でもないが、
何しろ地球がもう、悲鳴をあげているのじゃ
ないのだろうか?
コンクリートで固めて土が覆われ、24時間
電気を使い放題。都心を中心に高層ビルを
バンバンつくり、埋め立てをしてアマゾン
のほうでは木を伐採し、もうもう地球は暑く
暑くてたまらないのじゃないのかなあ。
土は太陽にあたり雨にあたり内部に吸収し
木々がそれを助けたりして、自然に循環す
るはずなのに、コンクリートでどこもかしこ
も埋めてしまい息ができないんじゃないの?
そして電波が周りを覆うといった状況!!
もっと地球をいたわった生き方をしなければ
いけないのではないのかな。
地球温暖化イコール地震ではないかもしれな
いですが現代の人間は便利であれば多少の
環境によくないことは構わない生き方をして
いるように思います。
24時間お店はあいてなくていいですよね。
24時間買い物もできなくていいですよね。
節操がない世の中だとおもいませんか?
幸い埼玉県は被害が少なくこうやってやり
処のない思いを書いているのですが・・・
明日から電気の節電が地域によっておこなわ
れるようです。
大変なことです。
少しずつ復旧していくのだろうが、こういった
教訓を生かして日本の中で起きている現実を、
しっかり受け止め明日から何ができるか、組織
で、個人で考えてみたいと思う。



2011-03-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

植竹知子

Author:植竹知子
19??年7月25日生まれ、埼玉県行田市、中小企業の製造業の家で生まれ育つ。20才の時、父の病気をきっかけに家業を手伝い、経営のイロハを学び起業を決断。アメリカのプリントショップを日本でそして地元地方で実現させた。支店展開を何回も繰返し、40才で子宝に恵まれ出産。営業のジャンルを子育て情報誌や高齢者向け情報誌に置き換え、地域に根ざす様になる。
現在は、地域において子育て応援イベントやコンサート等のプロモーションも手がけつつ、不況業種と認定されてしまった印刷業、出版業の中で、只言われたとおりものを作るだけでなく、効果対経費が見合うかどうかから、アイディア、企画、提案、イベントプロモーション等、集客、営業、広告、販促まで幅広い支援で、業務を意欲的に展開中。
24時間会話をしても伝わらない事を、たった1枚の紙が、全てを伝えてしまうことができるという創業当時のモットーを守りつつ「思いを伝え、思いを力にする」情報伝達屋として日々奔走中です。

カウンター

カテゴリ

はじめまして

ピーアイピーの植竹知子です。
2010年4月、快い鳥のさえずり、今日はこの花が咲いたと目をみはり、シャツ一枚でも心地よい風を感じることができる今日この頃、このニュースレター開設ができることになりました。
私は、プロフィールにも書きましたが、地方の情報伝達を職業とする女性中小企業の経営者でして、常に私共でできること、私のできることで、社会にクライアント様に、お役に立てることはないか考えている者の一人でございます。
業界歴27年のプロとして、経営者として、お役立ち情報を発信できればと思いましてこのニュースレターを配信させていただきます。
ご意見、ご質問、ご感想何でも返送下さい。お待ちしております。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

10月の時候の挨拶

秋冷の候、秋涼の候
紅葉の候、仲秋の候
中秋の候、清秋の候
さわやかな秋となりました

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。