スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

たうんにゅうす今年最終号発行

12月26日22年発行している
たうんにゅうす今年最終号発行
になりました。
今月号は、新年の初参り情報と
年越しそば・うどん情報等です。
毎年、広告で悩む12月最終号です。
なぜかというと、もう営業日数が
何日もなくなるため、あえて広告
したくないという経営サイドの
思惑があるからで、こちらとすると
読者の思いとクライアントの思い
の中間で悩むわけです。
特に、年越しそばなんていうのは、
大きな店でない限り、ただでさえ
大忙しのとき広告なんぞうちたく
ない!というのでです。ところが
読者はタイムリーな情報が欲しい
わけで、当社営業部隊は11月終わり
頃より年越しそばで掲載して欲しい
というお願いをしに伺う訳ですよ。
如何でしょうか?なんとかおねがい
できませんでしょうか?何とか
6件位は掲載しなければ特集として
かっこうがつかないし、一気に
数人の営業が地域のそば・うどん
店に声をかけるわけですよ。
枠が埋まるまでは、毎日あそこは
どうだろう?ここはどうか?
なんとか今号も枠締めしたものの
大変な努力があり発行に至るのです。
特集は金額にすると原稿料位しか
戴かないのですが・・・
しかし、やっぱり読者が喜ぶ情報
を掲載しないとタウン誌としての
意義がないしね!!
今号ご協力のお店様ありがとう
ございます。
定期のクライアントもあるものの
毎回ゼロからのスタートで毎号
枠を埋めていくわけですから
大変なことですよね。
よく22年もやってきたと思います。
三大誌にない身近な地域情報を
タイムリーに掲載していきますので
皆さま、情報をお寄せください。
たうんにゅうすは県北熊谷を中心
に新聞折り込みで8〇〇〇〇部
発行です。
毎号プレゼントのコーナーがあり
感想を書いていただいているのですが
数百枚のお葉書をいただき参考にして
おります。
また来年もよろしくお願い致します。

vol235p01.jpgvol235p04.jpg
vol235p03.jpgvol235p02.jpg







スポンサーサイト
2010-12-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

まちなか活性化セミナー参加者募集開始

厳しい経済環境の中、空き店舗の増加
後継者不足,来街者減少といった状況で
明るい兆しがみられないですね?
こんな状況を踏まえ、今の環境を見つめ
今後の方向性を見極め計画的な
熊谷のまちなか活性化
に自主的に取り組む必要を感じます。
暑いだけが日本一でなく、地域の特徴
を生かした人にやさしいまちなかづくり
をプランニングしてみたいな!と手をあ
げてみました。
全国商店街支援センターの支援のもと
テーマ 地域の特徴を活かした
        人にやさしい街づくり
    エコ・ロハス・緑化
        地産地消の地域づくり
講師 ・大和田順子さん 
    人・地域・地球の健康を指向する
    新しい価値観lohasuロハスを
    日本で初めて紹介したという方
    ph-owada_big.jpgph-rohas.jpg
   「日本をロハスに変える30の方法」
               共同著者
  大和田さんが各地を訪問したレポートが
  以下に掲載しています。
  http://soratsuchi.com/owada/
 ※12月15日熊谷に視察に来られ星川などを
  歩かれ東京へ帰りました。

   ・野口智子さん
    静岡呉服町での一店逸品運動の
    仕掛け人、全国各地で商店街の
    活性化を支援中
    ph-noguchi_big.jpg
   ※12月25日 16時~17時
    NHK教育 「TVシンポジウム」
    野口さんが参加された名古屋での
    シンポジウムが放送されます。
    「野口智子オフィシャルホームページ」
    http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/

日時 1月25日火曜13時~16時
   2月3日木曜14時~17時+懇親会
   2月17日木曜13時~16時
   2月24日木曜13時~16時
   全4回通して参加希望ですが単一
   申し込みも可能とします
場所 熊谷商工会議所会議室
受講料 2000円資料代
主催 npo法人npoくまがや
後援 熊谷市、熊谷市観光協会、熊谷商工会議所
協力 熊谷市商店街連合会、熊谷市ホテル旅館組合
   熊谷青年会議所、立正大学地球環境科学部
   JR東日本熊谷駅、ロハスナン倶楽部
事務局 ロハスナン倶楽部tel048-524-1463植竹まで
申し込みは電話・FAX・メールでどーぞ!!
fax048-526-1463 k@pip-net.co.jp
熊谷市筑波1-157-2ピーアイピー内

今回のセミナーは4回で熊谷のまちなかのたのしい
未来について、みんなで一緒に考えプランをつくろ
うというもので、特にデザイナー・アーテイスト
アーキテクター・若手企業家・女性等に商店街の
方々が参加していただけるとよいな~と考えて
おります。市役所の中心市街地の担当者も協力的で
その後国や県から何か助成事業として認定して
もらえれば夢が夢でなくなることもあるはずです。

ぜひお気軽に参加ください!!
おまちしま~~す。 

チラシ1011

    

 

2010-12-18 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

冬の 風物詩

武蔵丘陵森林公園の紅葉見ナイト
今日、ラストデイでして、子ども
と一緒に見に行きました
もう紅葉は落葉になりイルミネーション
を見に行ったというほうが正しい
かもしれません
ここの所ほぼ毎年見にいっていて
楽しみの一つになっています
今年はアートイルミネーションという
タイトルがついていてさまざまな
アートがありました
私の知人の木の人形は小人くん
という名前で呼ばれていて
道先案内人になっておりました


運動かたがた出かけましたが
すこしの間別世界を感じる
ことの出来た夜でした

幻想的な光の世界
アーテイステイックなオブジェ
森林浴をしながら楽しめました

あと今年も半月すこし
有意義にすごしたいな・・・




2010-12-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

虐待

最近この虐待という言葉を、よく
耳にします。
昨日は、don,tbealone実行委員会
のシンポジウムが開催されました。
ひとり親のための就労支援の必要性
を訴えるための会だったのですが
終わってみると、私の心のなかは、
虐待というなんとも人のエゴイステ
イックな言葉だけが残り、どうして?
なぜ?そんなことを?なんとも
やりどころのない気持ちにさせられた。
パネラーに参加した安西さん、あとから
聴いたら、父親の交通事故から家庭が
変化していったという。当然働けなく
なり収入がなくなり母親が看護と働く
といった形となるが父親はお酒におぼれ
夫婦喧嘩が起きる。子供たちの前で
殴るけるだったという。そのあげくは
子供にも・・・とうとう離婚となり
子供兄弟は親戚の家をたらいまわしに
なったという。挙句弟さんは、心に
深い傷をもち20歳代で自殺をしたという。
現在安西さんは自身の体験を基に
地域でsosをだしているひとのためそば
にいてあげたり電話で話しを聞く等の
ボランタリーを日課にしているという。
はきはき物を言うしっかりものの女性
と思っていたがそんな心の傷を持っている
ひととは思いもしなかった。

立正大学の大竹先生のお話もいくつか
の事例を話され現代社会の裏でおきる
この実態を、なんとかできないものか
考えさせられた。

人間関係が希薄になっている今、弱い者
子供や高齢者にはせめて気を配りたい。
ご近所でおかしいとかまずいんじゃない
のといった家庭があったら声をあげよう!

私にできること・・・

安西さんの話相手ぐらい・・・
地域に情報を発信する・・・

何かやっていかなくては、いけないぞ!
2010-12-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

植竹知子

Author:植竹知子
19??年7月25日生まれ、埼玉県行田市、中小企業の製造業の家で生まれ育つ。20才の時、父の病気をきっかけに家業を手伝い、経営のイロハを学び起業を決断。アメリカのプリントショップを日本でそして地元地方で実現させた。支店展開を何回も繰返し、40才で子宝に恵まれ出産。営業のジャンルを子育て情報誌や高齢者向け情報誌に置き換え、地域に根ざす様になる。
現在は、地域において子育て応援イベントやコンサート等のプロモーションも手がけつつ、不況業種と認定されてしまった印刷業、出版業の中で、只言われたとおりものを作るだけでなく、効果対経費が見合うかどうかから、アイディア、企画、提案、イベントプロモーション等、集客、営業、広告、販促まで幅広い支援で、業務を意欲的に展開中。
24時間会話をしても伝わらない事を、たった1枚の紙が、全てを伝えてしまうことができるという創業当時のモットーを守りつつ「思いを伝え、思いを力にする」情報伝達屋として日々奔走中です。

カウンター

カテゴリ

はじめまして

ピーアイピーの植竹知子です。
2010年4月、快い鳥のさえずり、今日はこの花が咲いたと目をみはり、シャツ一枚でも心地よい風を感じることができる今日この頃、このニュースレター開設ができることになりました。
私は、プロフィールにも書きましたが、地方の情報伝達を職業とする女性中小企業の経営者でして、常に私共でできること、私のできることで、社会にクライアント様に、お役に立てることはないか考えている者の一人でございます。
業界歴27年のプロとして、経営者として、お役立ち情報を発信できればと思いましてこのニュースレターを配信させていただきます。
ご意見、ご質問、ご感想何でも返送下さい。お待ちしております。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

10月の時候の挨拶

秋冷の候、秋涼の候
紅葉の候、仲秋の候
中秋の候、清秋の候
さわやかな秋となりました

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。