スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

さわやかな汗 まばゆいばかりの夏のシーンに大人の方が感激!!

7月25日(日)、ネイチャーゲーム&流し熊谷うどんinヘリテイジ裏山
参加者200名スタッフ総勢40名位で、無事終了しました。
熊谷市民公益活動促進事業として恥じないイベントになったかと思います。
その裏側では、場所を提供して頂きました、
ヘリテイジ四季の湯温泉社長で熊谷市議会議員の杉田茂実様のご配慮、
熊谷ネイチャーゲームの会の総勢13名のスタッフ様、
熊谷小麦産業クラスターの松本邦義代表、ボランティアyouの皆様、
いくつもの会の方のご協力で無事終了し楽しい会となりました。
本当にありがとうございました。
森林が周りにあるとはいえ暑~い日でしたが、なぜか疲れた~という
感じじゃなくて、とってもさわやかな汗でした。
どうしてかなぁ…って考えてみたら、やっぱり
子ども達の「えがお」から活力をもらえたのかなぁ…って思います。
それから雀幸園の40人の皆もうどんもネイチャーゲームも楽しめてよかった!!
指導員の先生方がとっても素直だって褒めていました。


FOCUS フォーカス

01.jpg
ロハスナン倶楽部代表として挨拶          富岡市長様のご挨拶
私、植竹で~す
まだかなぁ…




02.jpg
熊谷ネイチャーゲーム               ネイチャーゲーム、
伊豆内代表の注意と説明              さぁそれではいざ登るゾ~ 
      



05_MG_7330.jpg
カブトムシ、セミ、バッタのチームに分けて行動です。いざ入山!!




03.jpg
山の中はこんな感じ


04.jpg
                          家族でもいたわりあったり



05.jpg
流し熊谷うどん                    杉田さんから激励のメッセージ
松本代表よりうどんの説明






これから、流し熊谷うどんさぁ はじまるゾ~
ここからは、い~い顔してうどんを食べてる人満さいだぁ

うどん


B_IMG_7337.jpg

うどん01
うどん02
うどん03
スポンサーサイト
2010-07-27 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

女性経営者の嘆き

久しぶりに先週土曜日、私を含む若手??
同年代熊谷市女性経営者4人で
たうんにゅうすに掲載された肥塚の
アルティジャーノというイタリアンレストランで
食事を楽しんだ。若手オーナシェフを応援したい!という
趣旨で毎月リレーで人気のお店を紹介している。
「行ってみたい!」ということで
事前に予約を入れ、楽しみに出かけた次第。
前菜にカボチャの花をパリッと
あげたものからはじまり、3種類のハムetc
パスタも少しずつ2種類でて、コース3,000円
安くておいしい!!
次回は次のコースに挑戦したいナ。
さて、女4人集まると、とりとめもなく様々な話が
とび出すのだが、全部書いていたら
顰蹙を買いそうなので、
やっぱり、女性経営者らしい話を紹介したい。

S女史:最近、熊谷地域でカッコイイ男性経営者はいる?

Y女史:私は女性が相手の仕事だからあまり
よくわからないけど、ウワサも立たないわネ。

K女史:昔からよく知っている○○社長、最近はカドが
とれてかわいいかナ!!奥さんの悩みなんかも
喋っちゃったりしてネ!!あとは、桶川のH社長
大きな会社やって厳しい業界だと思うけど
お姉さんの家庭も面倒をみているらしい、
若い頃からの友達との付き合いも昔通りやってる。
尊敬できるしカッコイイ!!

U女史(植竹):20代若手で宇野君、音楽雑誌をつくり、
熊谷でFM局をつくるんだって、熱がある!
30代あいのみ陰山君、先日第3回が終わったのかナ?
熊谷の街に若者を集めたい…って
婚活合コン!!熱い思いだけでやってるけど、
たしか、創業塾参加者、元リクルート社員。
40代、50代、60代思いつかな~い!!
そうだ!今日、鴻巣常光納涼まつり行ってきた。
小畑社長の熱い思いで、1学年2クラスしかない
地域の小学校で、2,000人からの集客がある。
なんと寄付だけで300万円位集まるらしい。
子どもと高齢者、企業が参加しての行政に頼らない
実行委員会組織で行っている。
久々にお会いしたが、熱血、小畑社長。健在だ!!
この話は別に書くとして…
う~ん!!熊谷だとぱっと出てこな~い!!

S女史:かっこいい経営者少ないネ…

ということで、とりとめのないおしゃべりと
食事を楽しんで4人4様、明日への栄養を
たくわえたのでした。
2010-07-20 : 未分類 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

常光納涼まつり

鴻巣のはずれ北本寄り小さな地域。
今年で第8回。昔ながらの歌あり踊りありのお祭りだ。
目玉は、まぐろ解体ショーと打ち上げ花火大会。
毎年プログラムやポスターをつくらせて頂き、
年々大きな祭りになっていたので、
いつか一度見に行きたいと考えていた。
会場の周りは昔味わったことのある地域の人の
お祭りだヨっていう臨場感が溢れていました。
地域の小学校とPTA、自治会の方々が
実行委員会をつくり、
行政に頼らず、必要経費は全て協賛でまかなう。
旭科学(株)の小畑正勝社長は資金が足りなければ
俺が出す!いくら足りないんだい!
お金で解決することだったら一番たやすいと身を乗り出す。
24歳年下の奥さんと三人のお子さんを持ち、地域に
居を構え地域に工場を持つ。
余談だが今年度国際ロータリー2770地区
第5グループガバナー補佐に選任された。

私は15年位前より、そばで小畑氏を見てきたが、
正に熱血小畑!!という人。
一度決めたら目標に向かって形になる迄突き進む!
交渉事や会談は、思いの丈を一生懸命力説する。
「小畑節(おばたぶし)」といえる。
だから皆、その気になるのだろう。
小畑さんは本気なんだ!!身銭を投げてでも
成功させたいんだ!!自分の名誉だけでない
皆が楽しめればという利他の精神が見える。
そんな小畑氏、一番下の娘は小学校6年生で
浴衣姿で現れ、大きくなったろう…と私に紹介する様は
やさしいお父さんでした。
ちなみに彼は、数年前肺ガンで大きな手術をし、
一時はどうなるんだろう!と周りを心配させた。
ところが、まだ死ねないヨ、治すんだ!という強い思いで
ガンと立ち向かい、今やほとんど痛気を克服。
何て人なんだろう!!
私はいつも彼の行き様に勇気とやる気を頂いている。
男の中の男 カッコイイ人だ!!
こういう人は、地域の〝宝〟ですネ
常光納涼まつりの益々のご盛会を心よりお祈りいたします。

常光まつり01常光まつり02
常光まつり03常光まつり04
常光まつりのご協賛者様が掲載されたパンフレット!

常光祭りのキャッチコピーです
『地域の融和で明るい社会』『育もう子どもは未来の宝』
『楽しもう夜空に輝くひかりの花を』
『真っ白なる子どものこころに色をつけよう希望の色を』

2010-07-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ネイチヤーゲームゃ流し熊谷うどんの先の未来

いや~~暑いですね!もう真夏になってしまった
ような日々です。
家の周りの草が、一気に伸びて今朝はセミの声
まで聞こえてきました。

夏に覚悟をきめないとやられちやうぞ~~!

よくわからないフレーズですが、この暑いときに
熊谷の夏祭り7月20.21.22日すぎの25日子ども達
と自然のなかでネイチヤーゲームであそびま~す!
1か月位で申し込みが満員になってしまい、もれて
しまった人ごめんなさいね。ただ、森の中に
一緒にはいつて森林浴で見守りというのもいいかも。

市街地に住んでいる方は、暑くなりますと四方を
閉めてエアコン完備された人工的環境の中での
生活でどうしても自然との距離間がでてしまい
特に子どもはストレスを感じやすいかとおもいます。
森林の木々・土・空気・虫・植物・水等々を肌で
感じ、ネイチャーゲームを通して自然のしくみや
不思議を発見し五感で森林の持つ絶大な癒しの恩恵
を感じて欲しいんだよね。

自然の中で楽しんだことのある子は、自ら自然を
破壊させることはしない!

って、わたしはおもっています!

わたしが子どもの頃、れんげ畑で友達と首飾りや
テイアラを作り心行くまで遊んだ・・・
女の子なのにいつも外であそんでいました。

それから、流し熊谷うどんも200人ほぼ予約一杯。
多分今日竹の切り出しに行っているはずですが。
熊谷小麦産業クラスター研究会の松本会長はじめ
メンバーさんも地元熊谷の小麦を知ってほしいし
熊谷うどんを楽しみながら味わってもらいたいと
そして、何より、みんなの笑顔が見たいようです!

今回はロハスナン倶楽部がこの企画をたてましたが、
ぜひこどもに自然体験をたくさんもたせてあげて
欲しいのですが・・・

そうすれば、人への思いやりや命を大切にする心
情緒心がたかまるはずです。





2010-07-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

小学生限定の親子!クッキングコンテストに参加してみない?

昨年、東京ガス主催の料理クッキングコンテストに
私と小5の娘で参加しまして、
見事「優勝」したクッキングコンテストが、
今年も開催されます。
とっても良い思い出として心に残っておりますので、
ぜひ、皆さんにご案内したくて書かせて頂きました。

チラシ表1006

チラシ裏1006
↑クリックで拡大


ph-kiji.jpg

★親子の絆が深まる
 結局作って食べてもらったので、家族も…。
★食への関心が高まるかな
 研究するからね。
★尊敬の念が生まれる
 「ママは毎日こうやってご飯を作ってくれる」と思うらしい。
★台所がきれいになった
 片付けることを覚えてもらえた。
★本当にいい思い出になった
 コンテストの帰りは、そりゃもう充実感あふれてました。

難しく考えないで、
気軽にいつものレシピを作って
参加することに意義があります!
参加賞2,000円のQUOカードもうれしいし、
レシピの申し込みだけでも、
東京ガス「火ぐまのパッチョ」オリジナル文房具がもらえるらしい。
2010-07-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

植竹知子

Author:植竹知子
19??年7月25日生まれ、埼玉県行田市、中小企業の製造業の家で生まれ育つ。20才の時、父の病気をきっかけに家業を手伝い、経営のイロハを学び起業を決断。アメリカのプリントショップを日本でそして地元地方で実現させた。支店展開を何回も繰返し、40才で子宝に恵まれ出産。営業のジャンルを子育て情報誌や高齢者向け情報誌に置き換え、地域に根ざす様になる。
現在は、地域において子育て応援イベントやコンサート等のプロモーションも手がけつつ、不況業種と認定されてしまった印刷業、出版業の中で、只言われたとおりものを作るだけでなく、効果対経費が見合うかどうかから、アイディア、企画、提案、イベントプロモーション等、集客、営業、広告、販促まで幅広い支援で、業務を意欲的に展開中。
24時間会話をしても伝わらない事を、たった1枚の紙が、全てを伝えてしまうことができるという創業当時のモットーを守りつつ「思いを伝え、思いを力にする」情報伝達屋として日々奔走中です。

カウンター

カテゴリ

はじめまして

ピーアイピーの植竹知子です。
2010年4月、快い鳥のさえずり、今日はこの花が咲いたと目をみはり、シャツ一枚でも心地よい風を感じることができる今日この頃、このニュースレター開設ができることになりました。
私は、プロフィールにも書きましたが、地方の情報伝達を職業とする女性中小企業の経営者でして、常に私共でできること、私のできることで、社会にクライアント様に、お役に立てることはないか考えている者の一人でございます。
業界歴27年のプロとして、経営者として、お役立ち情報を発信できればと思いましてこのニュースレターを配信させていただきます。
ご意見、ご質問、ご感想何でも返送下さい。お待ちしております。

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

10月の時候の挨拶

秋冷の候、秋涼の候
紅葉の候、仲秋の候
中秋の候、清秋の候
さわやかな秋となりました

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。