スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

あけましておめでとうございます

年賀
スポンサーサイト
2017-01-06 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

温泉パスポート裏話 8話

友人知人フル稼動

温泉パスポート参加掲載施設様ようやく86施設
ご了解いただき、ようやく取材をする段階とな
った。はて待てよ。伊香保19施設様、草津10
施設様。30軒取材かいな。社員に振り分けるこ
とも考えたが、行って取材してとなると1日が
かり。通常業務に支障がでなければ良いが……
どうしよう?高校時代の同級生で以前PIPに
いたことがあるzさん。電話してみるとOKとい
う。ラッキー!!赤城からは元社員のスダ夫婦
がお手伝いしてくれた。一気に振り分け原稿を
書き上げ校正にだす。ここからは製作現場の出
番です。作ることにかけては日頃ランチパスポ
ートで鍛え上げられていますので、早い上手い
ということで、一気に仕上げた…という按配。
地元の温泉ソムリエをされている飯島氏にも
原稿を急ぎで入れて頂きました。
過去ちゃんと付き合いをして、けじめをつけて
おきさえすればお願いしても答えてくれること
を再認識できた。思ったより難航でしたが、
久々に新鮮で沢山の方々と交流ができました。

2016-07-06 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

温泉パスポート裏話7話

知り合いを頼ろう

草津温泉に古い知人竹内さんを同行して行ってみる
事にした。何と言っても高齢なので、それだけは少々
気がかり。お迎えに行くともう準備して待っていて
くれた。東松山なのでそこから高速道路にのる。近
道を知っていて「そこを右」とかナビゲーターとして
役に立つ。高速道路に入り昔話に会話も弾んだが、
やはり昔の活気はない。しかし、元市長とアポ取って
あるという。なんという方と聞くと、中澤さんという。
まあ行ってみればわかるだろうと、安全運転で行く
ことにした。竹内さんも今は車の免許返納してしまい
草津温泉は2年振り位だという。昔はマンションも
あるのでしょっちゅう、それも高速道路を使わずに
普通道で行っていたというから凄いです。渋川をお
りてから1時間半位に着いた。2時間半強で着いたこ
とになる。まずは私がアポ取っておいた、市役所観光
課に最初行くことに…いやあしかし流石です。私が
アポ取っておいた大坪係長さんに取り次いでもらおう
と思い窓口の人に話していると、竹内さんはいきなり
「観光課課長いるかい?」と大きな声で依頼している。
凄いです。唖然です。こういう風に上の役の人にとり
継いでしまうって、やるなあ!と思ってしまいました。
結局、大坪さんと課長さんと二人にお話することが
出来一石二鳥です。さて、次は草津温泉旅館協同組合
に突撃。突然訪問したのですが、以前の星野事務局長
さんがいらして挨拶のみで、時間が来たので観光協会
へ。えっ!!観光協会の会長さんが車で話していた元
市長さん?受付を通ると、中澤会長さんが現れた。
「竹内さん、久しぶりだね……元気そうだね」と言っ
て、さて今日はどんなことだい?と本題に。一気に
温泉パスポートの説明をすると部長さんを呼んでくれ
て、現在観光協会でサービスに参加してくれている
施設の入ったチラシのようなものを出してきた。ここ
に載っているところなら大丈夫だろう……という。
私もそういえば以前講演会に参加して一度お会いした
事があった。今観光協会会長さんになられていたのだ。
竹内さんもよく分からず携帯にじゃんじゃんかけて
アポ取っておいたようだ。
竹内さん大活躍!!

2016-06-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

温泉パスポート 裏話6

草津をどう攻めよう

伊香保温泉の取り纏めもおぼつかないまま
草津温泉も早くとりかからないとならない。
さあ、どう攻めよう!伊香保温泉のように
後から観光協会の会長さんを知ってたなん
てことがないように、色々考えてみた。
最初に思いついたのはすごい昔よくピーア
イピーに立ち寄ってくれた東松山の竹内氏。
たしか、マンション持っていてよく草津に
行っていた事が思い出された。どうしてい
るか元気でいるか?直ぐに電話をかけてみ
ることに。一度草津温泉に行こうと思うん
だけど……というと一緒に行くとのこと。
もう85才位になっており、内心大丈夫かと
心配はするものの一緒に行くことにした。
まずは市役所観光課の方にアポをとり、
いざ草津温泉だあ!!


2016-06-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

温泉パスポート 裏話5話

窓口、受付担当によって盛衰が左右される

今回の、温泉パスポートの勧誘業務によって、改めて
営業の基本を思い知らされた私ですが、それと同時に
対応してくれている人について考えさせられました。
伊香保温泉の横手館の田中さんは、すごく感じが良い
ですね。アポ取ってお話に行ったのですが、よく聞い
てくれてオーナー様より了解を得てくれ、取材も彼女
がおうじてくれました。自身がいる施設を本当に愛情
を持っていると感じたし、責任を持って仕事をされて
いると思いました。
しかしあえて名称は出しませんが、酷い所もあるんで
すよ。何も聞かないで忙しいから帰ってくれ…と言わ
れたり、私は経営者じゃないから解らないとか、それ
なら伝えて下さいと言っても伝えてもいない…等。
私の会社でもそういう感じなのかと考えさせられまし
た。やはり社員教育は大事で特に表に出る人には、き
ちんとした対応ができる人をおかないと、その施設の
全てをマイナスにしてしまうと痛感しました。それが、
お客さんであれ営業であれ、いつか利用者になってく
れる訳ですから。
たまには初心に帰り営業してみると、勉強になります。
2016-06-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

植竹知子

Author:植竹知子
19??年7月25日生まれ、埼玉県行田市、中小企業の製造業の家で生まれ育つ。20才の時、父の病気をきっかけに家業を手伝い、経営のイロハを学び起業を決断。アメリカのプリントショップを日本でそして地元地方で実現させた。支店展開を何回も繰返し、40才で子宝に恵まれ出産。営業のジャンルを子育て情報誌や高齢者向け情報誌に置き換え、地域に根ざす様になる。
現在は、地域において子育て応援イベントやコンサート等のプロモーションも手がけつつ、不況業種と認定されてしまった印刷業、出版業の中で、只言われたとおりものを作るだけでなく、効果対経費が見合うかどうかから、アイディア、企画、提案、イベントプロモーション等、集客、営業、広告、販促まで幅広い支援で、業務を意欲的に展開中。
24時間会話をしても伝わらない事を、たった1枚の紙が、全てを伝えてしまうことができるという創業当時のモットーを守りつつ「思いを伝え、思いを力にする」情報伝達屋として日々奔走中です。

カウンター

カテゴリ

はじめまして

ピーアイピーの植竹知子です。
2010年4月、快い鳥のさえずり、今日はこの花が咲いたと目をみはり、シャツ一枚でも心地よい風を感じることができる今日この頃、このニュースレター開設ができることになりました。
私は、プロフィールにも書きましたが、地方の情報伝達を職業とする女性中小企業の経営者でして、常に私共でできること、私のできることで、社会にクライアント様に、お役に立てることはないか考えている者の一人でございます。
業界歴27年のプロとして、経営者として、お役立ち情報を発信できればと思いましてこのニュースレターを配信させていただきます。
ご意見、ご質問、ご感想何でも返送下さい。お待ちしております。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10月の時候の挨拶

秋冷の候、秋涼の候
紅葉の候、仲秋の候
中秋の候、清秋の候
さわやかな秋となりました

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。